脳MRI DWI/ADCシーケンス|BMJ症例報告

説明

71歳の白人女性患者は、視覚障害、歩行困難および意識の変動の急性発症を示した。

彼女の病歴には、動脈高血圧症、以前の心臓弁置換術を機械的プロテーゼで行い、経口抗凝固薬による治療が含まれていた。

緊急CTスキャンは急性病変に対して陰性であり、血液学的検査は正常であり、国際正規化比(INR)は>2.5であった。 EKGはこれまで知られていなかった高周波心房細動を明らかにした。

神経学的検査では、患者は眠気を呈し、口頭刺激によって容易に解決され、両側の発散複視であり、眼球運動は水平にのみ可能であり、後退を伴う重度の姿勢不安定性を示した。

神経症状の発症の翌日、患者はガドリニウムなしで脳MRIを受けた。 軸方向流体減衰反転回復(FLAIR)シーケンスは、急性病変の証拠なしに両側白質にびまん性脳血管障害を明らかにした(図1)。 Diffusion-weighted imaging(DWI)シーケンスは、percheron(AOP)動脈の領域に最近の虚血性病変が存在することを明らかにし、両側腹側視床部分とパラメディアン中脳を含み、見かけの拡散係数(ADC)シーケンスによって確認されました(図2)。 心塞栓起源のAOPの急性虚血性脳卒中の診断が行われ、経口抗凝固療法が強化され、INRは3.0から3.5の範囲であった。 ベータブロッカービソプロロール2.5mgの毎日による治療は、心拍数の頻度の減少で開始されました。 入院中,彼女の臨床状態は徐々に改善し,意識の変動は完全に回復した。 放電時には、垂直視覚欠損はまだ存在していたが、部分的に減少し、アンブレーションはサポートのみで可能であった。

図1

急性病変の証拠なしに、両側視床梗塞領域の軸方向脳MRI流体減衰反転回復(FLAIR)シーケンス。

図2

拡散加重イメージング(DWI)(a,B;矢印)および見かけ拡散係数(ADC)(C,D;矢印)脳mriシーケンスによって明らかにされた両側腹側視床部分およびパラメー

AOPは、後大脳循環の可能なまれな解剖学的変異体である。 これはthalamusおよびrostral中脳のparamedianの両側のある部分の幹線循環を保障するために2本の枝に分かれる後大脳動脈から得られる打ち抜く動脈です。1

AOPの急性閉塞はまれな事象であり、1 2は動脈塞栓症、アテローム血栓症または心臓塞栓症に起因する可能性がある。3それは変えられた精神状態(主に眠気、昏睡状態およびhypersomnolence)、縦の凝視の麻痺および記憶悪化を用いる徴候の典型的な三つ組によって特徴付けられます。 他の表現型の徴候は言語障害(一般に構音障害または失語症)、可変的な重大度の片麻痺、動きの非対称性または小脳の運動失調および目の運動性の欠陥2 3

AOP梗塞の特異な臨床的特徴は、それを早期に疑うことを可能にする。 しかし、髄膜脳炎、てんかん、代謝または毒性プロセスなどの他の主要な臨床状態は、鑑別診断の過程で前に除外されなければならず、その結果、責任ある原因の同定および迅速な治療が遅れなければならない。

ここでは、通常の脳MRI T2/FLAIRシーケンスがAOP閉塞によって決定された脳の小さな病変を適切に検出できない可能性があることを示しています。 この場合、DWI/ADC配列の適用のみが虚血性病変の同定を可能にし、正しい診断および結果としての治療につながる。

この症例報告は、早期の診断と適切な治療を容易にするために、AOP虚血性脳卒中の疑いに脳MRI DWI/ADCシーケンスを含めることの重要性を支持する。

学習ポイント

  • Percheronの動脈(AOP)虚血性脳卒中は、それを疑うことを可能にする独特の臨床的特徴を有する。 ただし、他の臨床条件は正しい診断に達する前に除かれなければなりません。

  • 通常の脳MRIシーケンス(T1/T2)は、より良い拡散加重イメージング(DWI)/見かけの拡散係数(ADC)シーケンスの適用によって識別される小さな虚血性病変を検出す

  • 脳MRI DWI/ADC配列は、常にAOP虚血性脳卒中の臨床的疑いに含まれるべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top