最近の記事を見てみましょう

要約

目的:水性誤方向の管理は依然として課題であり、多くの戦略が説 残念ながら医学およびレーザー療法のための故障率は高いです。 以前の報告では,水性誤った方向の治療のための硝子体切除術と硝子体-帯切除術を併用する技術について述べていた。 この技術の修正版で管理された患者の症例シリーズを報告した。

: 2006年から2010年の間に診断された水性誤った方向の連続した症例(7人の患者の5人の目)が研究に含まれていた。 5眼はparsplana硝子体切除術と末梢小帯切除術を施行し,2例は前方アプローチから末梢小帯切除術を施行した。 結果の手段はBCVA、IOP、薬物および細隙灯の調査結果を含んでいた。

結果:全ての患者は手術に反応し、IOPの低下とACの深化を認めた。 一人の患者は4ヶ月後に追加の進行を必要とし、一人の患者は術後眼内炎に苦しんだ。 平均フォローアップ27ヶ月(範囲14-42ヶ月)。

結論:硝子体手術のみを受けた患者における再発率が高い理由は、硝子体腔から前房への妨げのない流れを確立することが困難であるためである。 私たちのケースシリーズは、遮るもののないコミュニケーションを確立するために重要なステップであると感じている帯状切除術の重要性を強調して

three port pars plana硝子体切除術とhyaloido-zonulectomyを併用することは、水性誤った方向の管理に有効な治療法です; ベテランの前方の区分の外科医は前方のアプローチからの周辺虹彩切除およびzonulectomyを行うことを考慮するかもしれません。

キーワード

水性誤った方向、帯状切除術、硝子体-帯状切除術

はじめに

水性誤った方向は、水性が硝子体腔に後方に転用されることによって引き起こされると考えられるまれな状態である。 それは緑内障のろ過外科の後で最も一般に起こりますが、激流の抽出、レーザーのiridotomy、capsulotomy、miotic療法およびcyclophotocoagulationの後で起こることができます。 これは、閉塞隅角緑内障の治療歴がある患者でより一般的である。

これは、前房(AC)の中央および末梢の浅くなることを特徴とし、特許虹彩切開術を用いており、脈絡膜上出血または滲出の証拠はない。 水様のmisdirectionのための管理は挑戦に残り、多数の作戦は記述されていました。 循環麻ひおよび水性抑制剤による医学的療法,末梢虹彩切開術および前部硝子体切開術によるレーザー療法および硝子体手術による外科的療法について述べた。 残念ながら医学およびレーザー療法のための故障率は高いです。 以前の報告では,水性誤った方向の治療のための硝子体切除術と硝子体-帯切除術を併用する技術について述べていた。 この技術の修正版で管理された患者の症例シリーズを報告し、いくつかのケースでは、水性誤った方向の診断後にいくつかの時間を実行しました。

Method

2006年1月から2010年9月の間に診断された水性誤診の7例(5人の患者の7眼)がこの研究に含まれていた。 5目は末梢hyaloido-zonulectomyと組み合わせたpars plana硝子体切除術を受けた、二つの患者は、前方アプローチから末梢zonulectomyを受けました。

手術手技:患者は3ポートパープラナコア硝子体切除術(3PPV)を受けた。 これに続いて、硝子体を上方に傾けて、硝子体-帯状切除術および後部アプローチから末梢虹彩切除術を行った。

二人の患者は、前方アプローチから帯状疱疹切除術と末梢虹彩切除術を受けた。 ここではA cを粘弾性で深化させ,A Cメンテナを用いた。 辺縁切開から硝子体は、最初にそれを拡大するために、以前の末梢虹彩切除を通じて後方に傾斜し、その後、同様に帯状切除を行うためにさらに後方に操

結果

概要表1を参照してください。

表1. まとめ。

IOP

BCVA

治療

フォローアップ

ケース

詳細

診断

手術

プレ

ポスト

プレ

ポスト

プレ

ポスト

(月)

71 F

Right

CACG

Trab

Latanoprost, timolol & Acetazolomide SR 250mg BD

duotrav

30 M

Right

plateau iris syndrome

Trab

cosopt, latanoprost, brimonidine and acetazolomide 250mg BD

timolol

77 F

Right

CACG

Trab

cosopt

duotrav

Left

OHT and shallow AC

Phaco

timolol

duotrav

44 F

高原アイリス症候群

トラブ

アセタゾロミドSR250OD

高原アイリス症候群

ファコ・トラブ

アセタゾロミドSR250OD

79 F

Left

CACG

Trab

Acetazolomide SR 250 BD

timolol

F= female, M= male, CACG= chronic angle closure glaucoma, OHT= ocular hypertension, AC= anterior chamber, Trab= Trabeculectomy, Phaco= Phacoemulsification of lens

Case 1

71 year old female diagnosed with chronic angle closure glaucoma (CACG) underwent uncomplicated trabeculectomy 手術だ 低手術前眼内圧(IOP)はアセタゾロミド経口薬でのみ維持された。 Opの2週間後、彼女は34の隆起したIOPを有することが認められ、そのためにレーザー縫合溶解および5fluro-uracilによるbleb needlingを受けた。 彼女はアトロピンに不寛容であり、YAG嚢切開術を受け、opの6ヶ月後に前硝子体顔面にiopが高い(28mmhg)のままであり、硝子体-帯切除術と組み合わせた3PPVを受けた。 彼女はその後、二つの局所剤に維持されており、彼女の最新のIOPは硝子体切除後11、二年半でした。

ケース2

高原虹彩症候群の31歳の男性は、困難な小柱切除術を受けました。 手術中、地球は緊張しており、マンニトールを静脈内投与する必要があったことが指摘された。 虹彩は硬化ろう造設術を介して突出しており,ミオコールを用いた。 一週間で彼のIOPは非常に浅いACと26mmHgであり、彼は水性の誤った方向と診断されました。 彼はACのその後の深化と3PPVを受けました。 この後、彼はアトロピンで制御されたが、不寛容を開発しました。 アトロピンを停止して18ヶ月後、彼のACは非常に浅く、彼のIOPは52mmHgであった。 彼はレンズの超音波乳化と組み合わせたさらなる硝子体手術を受けたが、彼の圧力は30で高いままであった。 彼のACは徐々に浅くなり、彼の圧力は44に増加した。 前房の即時深化を伴う前方アプローチから虹彩切除,帯状切除および前方硝子体切除術を施行した。 彼のポストop IOPは18であり、深いACを維持するにもかかわらず、彼のIOPは四ヶ月後に40mmHgに増加し、彼は後部アプローチから彼の末梢虹彩切除術と前hyloid切除 彼のIOPのポストopは20mmHgであり、ちょうど一つの外用剤で四年間維持されています。

ケース3

77歳の女性は、右眼にCACGを有し、左眼に浅いACを有する眼圧亢進症であり、以前に白内障手術を受けていた右眼に小柱切除術を受けた。 水様の誤った方向性はop後二ヶ月と診断された。 彼女はアトロピンに対する不耐性を開発し、彼女はhyaloido-zonulectomyと組み合わせた3PPVを受けたとき、彼女のIOPは着実に三年にわたって上昇しました。 彼女のIOPは、三年間、二つの局所滴で18で制御されています。 同じ期間に左眼に合併症のない白内障摘出術(超音波乳化)を施行した。 これから2年後、彼女は浅いACを持っていることが注目され、32mmHgでIOPを上げました。 彼女は3PPVと硝子体帯切除術を受けた。 彼女のIOPは、二つの局所滴で15で最後の四年間制御されています。

ケース4

高原虹彩症候群と以前の両側レーザー末梢虹彩切除術を持つ44歳の女性は、右小柱切除術を受けました。 彼女のpreop IOPはアセタゾロミド錠剤で17mmHg制御されていた。 手術後一日目に、彼女は24mmHgの圧力を有することが認められ、水性誤った方向と診断された。 彼女はアセタゾロミド250mg QDSで制御され、翌週に3PPVとヒアロイド帯切除術を受けた。 これに続く彼女のIOPは、局所治療なしで12mmHgで制御され、彼女は左IOPを制御するためにアセタゾロミドに残った。 同月,患者は左phaco-trabecultomyを施行した。 水性の誤った方向は、12mmHgのIOPで、再びop後の初日に診断されました。 同日,硝子体切除と硝子体帯切除術を施行した。 残念なことに、彼女の術後の回復は眼内炎によって複雑になり、視力は罹患した眼の手の動きに減少した。 硝子体内抗生物質による硝子体切除術を施行したが,眼球内炎の緩徐な解消を認めた。 彼女の最新のIOPは、彼女の右眼で14mmHgと彼女の左で12mmHg一年後であり、彼女は治療を受けていません。 左目の視力は6/6preopから6/18に減少しました。

ケース5

狭角緑内障の79歳の女性は、左眼に合併症のない小柱切除術を受けました。 一年後、手術後一週間と診断された水様誤った方向を合併した右眼に小柱切除術を受け、3PPVとその後のbleb needlingを二週間後に受けた。 半年後に左白内障に合併症のないphacoemulsifiactionを受け,半年間経過観察した。 この時点で、彼女はわずかに浅いACと22mmHgで上昇したIOPを持っていました。 彼女は最初に彼女のACを深めたアトロピン滴で治療されましたが、彼女は30mmHgで上昇したIOPを持ち続けました。 圧力は、経口アセタゾロミドSR250mg一日二回と二つの外用剤で制御されました。 深いA cを考えると,彼女の徴候は水性誤った方向の典型的なものではなく,やり直し小柱切除術を受けた。 手術後一週間,ACは非常に浅く,水様誤方向と診断された。 一週間後に解決しなかった後,左末梢虹彩切除術,前方硝子体切除術,前方アプローチからの帯状切除術を行った。 彼女のACはテーブルの上で劇的に深まり、彼女の術後の回復を通して深く残った。 この二年間、彼女は再発していませんでした。 彼女の最新のIOPは、右に12mmHg、左に10mmHgでした。

ディスカッション

水性の誤った方向は、硝子体腔への水性の後部流れから生じます。 この機構は完全には理解されていないが、毛様体の前方回転が繊毛虫接触および毛様体ブロックを引き起こすこと、ならびに脈絡膜、水晶体、小帯および硝子体の異常など、いくつかの可能性が示唆されている。

前房と硝子体腔との間に連通を形成することにより、前房への水の流れを再確立することができる。 水様のmisdirectionの医学管理はcycloplegiaおよび項目および/または口頭IOPの低下代理店から成っています。 何人かのpseudophakic患者では、hyaloidotomyのYAGレーザーのcapsulotomyは前方のhyaloid表面が破壊されたらこれが前房に流れるべき液体のためのチャネルを作成するので選択です。 残念なことに、多くの患者が治療に反応せず、そうである患者では高い再発率がある。

他の選択肢には、経強膜シクロダイオードおよびアルゴンレーザー虹彩形成が含まれ、これはプロセスを縮小して毛様体ブロックを破壊しようとする。 全パープラナ硝子体切除術は、前硝子体表面を破壊することによって前房への水性の流れを容易にすることができるが、これはサイクルを破るのに十分ではない可能性がある。 硝子体手術単独での再発率が高い理由の一つは,前硝子体面を除去することにより硝子体腔から前房への遮るもののない流れを確立することが困難であることによるものである。 本症例では,ほとんどの患者は,既存の末梢虹彩切開術を介して硝子体-帯状切除術と組み合わせた標準的な三ポートパープラナ硝子体切除術を施行した。 これは、我々はそれが遮るもののない通信を確立するように手順の中で最も重要なステップであると感じています。 二人の患者は、ACの即時目に見える深化と、前方のアプローチから帯状切除術を受けた、さらにこのステップは、acに流れるように水性を可能にし、サイク 残念ながら、これらの患者の一つは、十分なサイズの末梢虹彩切除術とzonulectomyが満足のいく結果を達成するために必要であることを示唆し、余分な手術を必

three port pars plana硝子体切除術とhyaloido-zonulectomyを組み合わせることは、水性誤った方向の管理に有効な治療法であり、経験豊富な前セグメント外科医は、可能な管理オプ

  1. Debrouwere V,Stalmans P,Van Calster J,Spileers W,Zeyen T,et al. (2012)悪性緑内障のための異なる管理オプションの結果:レトロスペクティブ研究。 250:131-141.
  2. Harbour JW,Rubsamen PE,Palmberg P(1996)phakicおよびpseudophakic悪性緑内障の管理におけるpars plana硝子体手術。 114:1073-1078.
  3. Byrnes GA,Leen MM,Wong TP,Benson WE(1995)毛様体ブロック(悪性)緑内障の硝子体手術。 眼科102:1308-1311.
  4. Cashwell LF,Martin TJ(1992)レーザー虹彩切開後の悪性緑内障。 眼科99:651-658.
  5. Mastropasqua L,Ciancaglini M,Carpineto P,Lobefalo L,Gallenga PE(1994)水性誤方向症候群:ネオジムの合併症: YAG posterior capsulotomy. J Cataract Refract Surg 20: 563-565.
  6. Lynch MG, Brown RH, Michels RG, Pollack IP, Stark WJ (1986) Surgical vitrectomy for pseudophakic malignant glaucoma. Am J Ophthalmol 102: 149-153.
  7. Quigley HA (2009) Angle-closure glaucoma-simpler answers to complex mechanisms: LXVI Edward Jackson Memorial Lecture. Am J Ophthalmol 148: 657-669.
  8. Luntz MH, Rosenblatt M (1987) Malignant glaucoma. Surv Ophthalmol 32: 73-93.
  9. Ruben S, Tsai J, Hitchings RA (1997) Malignant glaucoma and its management. Br J Ophthalmol 81: 163-167.
  10. Chandler PA, Simmons RJ, Grant WM (1968) Malignant glaucoma. Medical and surgical treatment. Am J Ophthalmol 66: 495-502.
  11. Simmons RJ (1972) Malignant glaucoma. Br J Ophthalmol 56: 263-272.
  12. Sharma A, Sii F, Shah P, Kirkby GR (2006) Vitrectomy-phacoemulsification-vitrectomy for the management of aqueous misdirection syndromes in phakic eyes. Ophthalmology 113: 1968-1973.
  13. Bitrian E, Caprioli J (2010) Pars plana anterior vitrectomy, hyaloido-zonulectomy, and iridectomy for aqueous humor misdirection. Am J Ophthalmol 150: 82-87.
  14. Herschler J(1980)毛様体プロセスのレーザー収縮。 悪性(毛様体ブロック)緑内障の治療。 眼科87:1155-1159.
  15. Stumpf TH,Austin M,Bloom PA,McNaught A,Morgan JE(2008)Aqueous misdirection syndromeの治療におけるトランススクレラルサイクロダイオードレーザー光凝固。 眼科115:2058-2061.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top