定義エッセイ:”美しさの質問”-完全なガイド

美しさとは何ですか? どのように我々は何かまたは誰かが美しく、何かがないことを確認することができますか? 現代社会は、美しいものについての絶え間ない話であふれていますが、その声明の中でどのように客観的ですか? 美の話題は何世紀にもわたって探求され、分析され、研究され、議論されてきました。 私達はすべて有名な英語の格言を知っている、”美は見る人の目にある。”この声明は、個人が美しいと考えるものは、必ずしも他の人にとって美しいとは限らないという意味で正確です。 普遍的ではない美しさのこの定義は、プラトンによって提示されました。 彼の見解によると、美しさは感覚を通して完全に定義することができないものです。 それは、異なる人々が異なる方法で異なる物体を観察するからです。 そのため、一部の人々は、美しさは自分が持っていた経験に応じて定義されたものであると信じています。

誰もが美しさとは何かを知っているにもかかわらず、多くの人々はそれを定義し、他の人に自分の意見に同意するように説得するのに苦労しています。 美しさのアイデアは、人や物の物理的な外観だけではありません。 むしろ、それは自分の目、耳、知性、そして道徳的な感覚にいくつかの知覚経験を与える理解です。 自然、強力な、本当の美しさは、しかし、個人の心の中から発生します。 そして、それが咲くとき、それは包含することは容易ではない魅惑的で、絶妙で、魅力的な精神として表現されています。 それは、”美しさは美しさのように”または”美しさは内から来る”のような特定のアイデアが由来する場所です。 一部の人々は、文字の内側の強さに魅了されています。 その結果、彼らは誰かが美しい魂を持っていると感じるかもしれません。

しかし、個人はしばしば美しさを感謝しますが、彼らは単に自分が見たり感じたりするものを感謝する美的心の状態にあります。 例えば、美しく、確信した女性は多くの人がと考慮されるべきである力を考慮するものである。 彼女の美しさと自信は、男性の大多数を魅了する可能性が最も高いでしょう。 その結果、彼らはその女性に不快なことをするのが難しいかもしれません。

美しさの鑑賞は、感覚の使用によってしばしば伝達されます。 さらに、美しさは、通常、彼らはオブジェクト、個人、あるいは思考から派生する喜びのために人々によって評価されます。 逆は、一部の人々が美しさを達成するためのものとして人生を知覚するという意味でも主張することができます。

すべてのガイドと終わることのない指示に疲れていますか?

より迅速な方法を試してみてください

美しさは確かに異なる視点から考えられた興味深い哲学的問題であり、その一つは人間にとって大切な価値として取られているということです。 多くの映画は、美しさのこの側面を示しています。 その上、誰もが特別に美しいと感じるものや人々は、社会によってより高く評価される傾向があります。

このエッセイのタイトルが示唆するように、私たちは自分の視点だけでなく、他の人の視点からも美しさを定義しなければなりません。 美しさを定義することによって、美しさの普遍性や普遍性の欠如に遭遇する可能性があります。 プラトンのようないくつかの哲学者が美の問題に取り組むことが知られていたことを知っているので、プラトンの見解から美の問題を調べ、それらの見解を個人の日々の生活の中で一般的に知られているか観察されているものと比較することは賢明である。

残念ながら、今日の社会は視覚のみに美しさの感謝になっていますが、人間の内面世界も自分の本当の美しさに加えることができるという事実を忘 人々はルックスだけで他人を判断する傾向があります。 たとえば、大きな筋肉と太いひげを持つ男は、間違いなく失礼で激しいとみなされます。 同時に、赤ちゃんの顔、白い肌、素敵なtシャツを持つ男は、彼が見える方法のためだけに信頼できると良い男の子として見られます。 美しさが何であるかを完全に定義することは困難ですが、実際には、社会は物理的な魅力にあまり固執すべきではありません。

定義エッセイを書く上でのヒント

定義エッセイでは、作家は、特定の問題/用語/イベントの詳細な説明を提供することによって、特定の問題/用語/イベン これらの説明は、論争のある、特別な、または抽象的な用語、または標準的でよく知られた意味を持たない問題について、物事を整理するのに役立ちます。

ここでは、定義エッセイを書くときに心に留めておくべきいくつかの推奨事項があります:

  1. 定義したい用語を選び、読者にそれが何であるかを知らせます。 それが論争と複雑であることを確認してください。 あなたが不慣れである言葉を定義してはいけない。 たとえば、「不屈の精神」という言葉を聞いたことがない場合、それについての理解は限られているように見えます。 用語の事前の理解がなければ、あなたの定義が実際にそれのために働くかどうかはわかりません。
  2. 辞書で指定された定義を確認してください。 あなたはあなたのエッセイでそれを使用するつもりはありませんが、あなたは公式の情報源が言うことに慣れる必要があります。 それからあなたが言葉を理解する方法とそれを比較する。 例えば、メリアム-ウェブスターによる”愛”の定義の一つは、”親族や個人的な関係から生じる別のものに対する強い愛情です。「あなた自身の概念の理解には、異なる性質のより多くの情報が含まれる可能性があります。
  3. 概要を書く。 標準的な5段落の定義エッセイは、イントロ、本文(原則として3段落)、および結論で構成されます。
  4. あなたのエッセイのイントロに問題/用語/単語を提示します。 次に起こることを行っているものがについて好奇心が強いあなたのターゲット読者を作るために”ホック”のあなたの開始部分を始めなさい。 さらに、アイデアや概念をよりよく理解するのに役立つ背景の詳細を与えます。
  5. 本文に、問題/用語に関する情報を入力します。 あなたの説明と一緒に、用語の起源/進化に関する歴史的な情報と、それが一般的に使用される最も一般的なケースを提供してください。
  6. 結論の中で小論文の要点を再記述する。 注意してください、あなたが体の段落で言ったすべての単一の単語を繰り返さないでください。 ちょうど中間の部分に含まれているすべてを要約することによってあなたの急所を”エコー”。
  7. あなたが定義した用語があなたの人生で果たしていることを読者に知らせ、あなたの個人的な経験をそれと共有してください。 可能であれば、最終的なマークは記憶に残り、CTAを含む必要があります。
  8. 狭すぎる概念について定義エッセイを書こうとしないでください。 同様に、あなたの読者が多分幾つかの文の後で彼らの興味を失うので明らかなか有名な言葉を選んではいけない。
  9. 完全にあなたのものになる定義を発明します。 これは、あなたの創造性モードをオンにして、最も非典型的な説明を提供することができる場所です!
  10. わずかな間違いを検出するために、あなたの定義エッセイを再読み込みします。 その上、この段階で、まだ概念、あなたのタイトル、または可能性としてはあなたの等級を下げるかもしれない何か他のものにあなたのアプローチを変

最後に、必ず早めに始めるようにしてください。

十分な時間があれば、選択された期間にわたって異なるユニークな方法で考えることができ、アイデアや意図で前腕されている研究プロセスを開始することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top