二つの奇妙な小さな言葉:Lgbtの問題、パート11(改訂)

By David Gushee

Davidに従ってください:@dpgushee

1コリント6:9と1テモテ1:10では、Paul(後者の場合はおそらく偽名の「Paul」)が2つの奇妙な言葉を展開しています。”vice lists”—グレコ-ローマの世界では十分に一般的な修辞的な戦略—彼の読者に罪深い行動の非難を伝えるために。 1コリント人に関しては、ほとんどの学者は、パウロが特に手に負えない会衆を扱っていることに同意しており、そのうちのいくつかはセクシュアリティを含む道徳的な弛緩の餌食になっている。 パウロは、それを修正し、恵みによって提供される救いはまた、基本的な道徳的要件からの免除を提供していないことを完全に明確にするために書 その後、パウロは警告し、”神の国を継承しません人々の10種類に従ってください。”1テモテ1では、副リストの文脈はよりあいまいです。 それは”法律”の議論に該当し、偽の教師についての著者の懸念は明らかに法律にovermuchを焦点を当てています。 パウロは、律法は主に神のない人のために意図されていると言います。 そして、そのような神の無さの七つの例に従ってください。

どちらもギリシャ語の”アルセノコイタイ”が使われている。 最初のリストでは、malakoiという言葉がその前にあります。 広大な、非常に論争の学術文献は、これら二つの奇妙な小さな言葉の意味を解析するために存在します。

これはギリシャ語の単語であり、英語の翻訳は”weakling”から”理不尽”、”放蕩”、”licentious”、”官能的”、”effeminate”、”男性売春婦”、malakoi+arsenokoitaiの複合体に、”男性とセックスをしている男性”または”同性愛者”として一緒に翻訳されています。”言葉は文字通り”柔らかい”を意味し、新約聖書の他の場所では、豊かな人が着用する”柔らかい”または”細かい”服を記述するためにのみ使用されています(マット。 11:8/ルカ7:25)。

William Loaderは、この言葉は基本的に「柔らかい」という意味であり、男性に適用すると、男性性に対する軽蔑的な攻撃になると述べています。 デール-マーティンは、意味は自分自身が性的に女性のように扱われることを可能にした嘲笑の男性に拡張することができることを発見しました;例えば,浸透するために,他の用語の多種多様なが、より一般的にこのために使用されました,その意味は、この場合に仮定すべきかどうかを疑うために彼をリードしています. 彼は代わりに、自己甘やかされ、性的に規律がなく、豪華な生活など、”柔らかい”に関連するより広い意味の範囲に焦点を当てています。 スペクトルの反対側では、Robert Gagnonは、新しい国際版で提供されている「男性の売春婦」だけでなく、男性の同性関係(浸透した男性)の受動的パートナーに正確に適 しかし、ウィリアム-ローダーは再びポールは、彼が彼に利用可能な他の用語を持っていたことを正確に言いたい場合と指摘しています。

まだクリア?

アルセノコイタイについては、新約聖書に現れる言葉は1コリント6:9と1テモテ1:10にしか見られず、ほとんどの学者はパウロがこの言葉を造語したと信じている。 それはパウロの後の古代ギリシャの文章では非常にまれにしか現れず、主に副リストにも現れます。 アルセノコイタイ(arsenokoitai)という言葉は、ギリシャ文学で以前にまとめられていないように見える2つの既存の単語から構成された複合単語です。

リチャード-ヘイズのようなかなりの数の学者は、パウロは完全にオリジナルではなく、ヘブライ語聖書のレビ記18:22と20:13のセプトゥアギンタ(ギリシャ語)翻訳をほのめかしていると考えている。 あるいは、パウロがこれらのテキストを直接暗示していない場合、彼は少なくとも伝統的なユダヤ人の性的倫理を指していることを示唆しています。

セプトゥアギンタでは、レビ記18:22と20:13の両方にアルセノスとコイテンという用語が含まれています。 多くの学者は、それが今までに行われていた証拠がないにもかかわらず、パウロのソースと意味に関する言語的並列または接続の決定的な証拠を見つ

Marti Nissinenが学術的な会話全体を要約しているように:”これらの試みは…異なる文脈でこの言葉の実際の意味を決定することが本当にいかに難しいかを示”

しかし、英語のキリスト教コミュニティがあるので、ギリシャ語の新約聖書は確かに英語に翻訳される必要があり、翻訳者はarsenokoitaiを翻訳するために何らかの単語を考え出す必要があります。

ここでは、このコンパイルのためのマシュー*ブドウに感謝して、単語arsenokoitaiは425年にわたって英語に翻訳されている方法の例です:

•ジュネーヴ聖書(1587):”バグゲラー”

•欽定訳聖書(1607):”人類に対する自分自身の虐待者”

•メイス新約聖書(1729):”残忍な者”

•ウェスレーの新約聖書(1755):”ソドム人”

•9904>

•改訂標準版(1946):”同性愛者”

•フィリップス聖書(1958):”変態”

•今日の英語版(1966):”同性愛者”

•新国際版(1966):”同性愛者”

•新国際版(1966):”同性愛者”

•新国際版(1966):”同性愛者”

•新国際版(1966):”同性愛者”

•新国際版(1967):”同性愛者”

•新国際版(1967):”同性愛者”

1973):”同性愛犯罪者”

•ニューアメリカンバイブル(1987): “同性愛者の練習”

ポーリン新語論のほとんどの英語の解釈/翻訳から働いて、ほとんどの英語を読むクリスチャンとほとんどの英語を話す説教者は、 (時には、許されないTEVやPhillipsの翻訳のように、厳しく軽蔑的な言葉で。)また、1コリント人への手紙第6章9節から、そのような人々はすべて単に天国から除外されていると結論づけている人もいます。 これは、赦されたが不完全な罪人に対する神の恵みを強調しているような、永遠の命の基準に関連する他の新約聖書のテキストにもかかわらず(ヨハネ3:16 そして、1コリント人への手紙第6章9節を引用して、同性愛者が地獄に行くことを”練習する”と言う人は、貪欲な人々や酔っ払いが地獄に行くことを”練習する”と言う人はほとんどいません。

ほとんどの英語圏のキリスト教徒は、翻訳されているギリシャ語がパウロが造語した新しい言葉であり、その意味と翻訳が争われていることを知らないであろう。

彼らは、古典学者や新約聖書の通訳者の間で、パウロがグレコ-ローマ世界で同性の活動について(明らかにまたは明確に)話していたときに何を考えていた 合意の大人のセックス? 男と男のセックス/虐待? 売春? レイプ? 奴隷の虐待? 彼らは、例えば、帝国ローマで同性の活動が”偶像崇拝、奴隷制、社会的支配と強く関連していたという聖書学者マイケル-ヴァシーの観察を読んでいないだろう…多くの場合、弱い者の体に対する強い者の主張。”それは私達が言葉”同性愛者”を聞くとき私達が今日考えるものであるか。

彼らは、新約聖書の学者デール-マーティンの主張を知らないだろうが、新約聖書以外のギリシャ文学におけるアルセノコイトという用語の数少ない使用については、同性の行動ではなく、経済的搾取と権力の濫用に関するものである。 (シビリン神託、ヨハネの行為、およびAutolychusを確認してください。)

しかし、William Loaderのmagisterial studyでは、この用語をそれよりも広い範囲を持っていると考える方がおそらく良いと言っていることは知らないでしょう。

しかし、新約聖書の学者ジェームズ-ブラウンソンが、1テモテ1:10の副リストに”男性-男性のエロ活動に関する三つの相互に関連する用語が含まれている”という事実に注目したことについてはどうすればよいでしょうか? 彼はそれらをまとめて、リストがまとめて、これらの少年売春婦を利用する男性であるarsenokoitaiにサービスを提供する彼らの捕獲され、去勢された少年(pornoi、または男性売春婦)のための”売春婦”として行動する”誘拐犯または奴隷ディーラー(andropodistai)”を指していることを示唆している。”

まだクリア?

アルセノコタイが”性売買者”や”性的搾取者”や”強姦者”や”性的捕食者”や”売春婦”と翻訳されていた場合、同性愛者やレズビアンのキリスト教的扱いの歴史はどのように異なっていたのでしょうか? このような翻訳は、現時点では大多数の学術的再構成ではないにしても、もっともらしいです。 そして、彼らは少なくとも、性的指向、アイデンティティ、活動を含む意味の範囲を持つ私たちの文化からの用語であり、ポールの世界からの言葉ではな

私たちの英語の聖書の中で、ポールの新語arsenokoitai、またはmalakoiとarsenokoitaiの二つの言葉を一緒に翻訳する方法についての真の不確実性が少なくとも脚注に言及されてい

しかし、悲しいかな—私たちが読んだ翻訳のほとんどは、あたかもすべての”同性愛者”の人が非難されているかのように—永遠の火に。 この過度に自信を持って翻訳の決定は、すべてのLGBTの人々の生活を影にしました,最も悲しいことに、同性愛者やレズビアンの青年は、地獄に縛られた変

これら二つのギリシャ語の意味と翻訳に関する非常に高いレベルの学術的不確実性は、私たち(私たちがポールの世界について知っていると思うものと私たち自身について知っているものとの間の深い文化的および言語的な違いによって悪化し、lgbt問題を解決するためのmalakoiとarsenokoitaiの結論性に対する主張を損なう。

私は、神のイメージで作られた脆弱な人々の生活の中で、特定の疑わしい、時には粗雑に軽蔑的な聖書翻訳によって行われた被害を深く嘆いています。

前の列:

レビ記、醜態とイエス:LGBTの問題、パート10

ソドム(とギベア)の罪:LGBTの問題、パート9

伝統主義者が聖書の点をどのように結びつけるか:LGBTの問題、パート8

聖書の霊感、人間の解釈:LGBTの問題、パート7

LGBTの問題、パート6

教会のための六つのオプション:LGBTの問題、パート5

同性愛者のクリスチャンが存在する:lgbtの問題、パート4

私たちはすべて Lgbtの問題その2

会話を始める:LGBTの問題その1

次のコラム

神は彼らを男性と女性にした:lgbtの問題その12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top