モルディブのBeche De Mer(ナマコ)漁業のレビュー-BOBP/WP/79

1. 入門
2. レビュー
3. ベシェ-ド-メール

3.1 歴史
3.2種
3.3漁法、地域および季節
3.4加工
3.5マーケティングおよび輸出
3.6収支
3.7生産動向

4. ベシェ-ド-メール
5. 漁業の問題、問題、懸念

5.1 高価値種の漁獲量の減少
5.2夜行性種
5.3幼魚の収穫
5.4加工不良
5.5漁業者の移動
5.6漁業の相互作用
5.7マグロ漁業
5.8毒性特性
5.9生態学的バランス

6. 推奨事項

附属書

商業的に収穫されたホロトゥリアンの種

1. 商業的に収穫されたホロトゥリアンの名前。
2. Beche de merのために漁師に支払われた平均価格。
3. いくつかのbeche de mer品種のサイズ範囲。
4. 輸出されたbeche de merの平均輸出価格(FOB)。
5. 機械化されたdonisがseacucumberを収集するために負担した費用。
6. ナマコ釣りからの収入の分布。
7. ナマコ釣りからの収入のレベル。
8. ベシェ-ド-メール(1985年-1990年)の輸出。
9. 1986年から1990年にかけて、ベシェ-ド-メールの種組成が発表された。
10. 商業的に収穫されたholothuriansの相対的な豊富さ。

地図-図形-図表

1. モルディブの地図。
2. 1988年から1990年にかけて、beche de merの毎月の輸出が行われた。
3. 主要なbeche de mervarietiesの生産の年次変化。
4. 処理されたT.ananas(PricklyRedfish)のパーセンテージの長さの頻度。
5. 処理されたM.nobilis(WhiteTeatfish)の割合の長さの頻度。
6. 処理されたS.chloronotus(グリーンフィッシュ)のパーセンテージの長さの頻度。
7. 処理されたA.mauritiana(SurfRedfish)の割合の長さの頻度。
8. ヒタアドゥー島からの処理されたH.atra(Lollyfish)のパーセンテージの長さ。

ベンガル湾の出版物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top