ベストIEMs for$300

今週、誰かがbest300以下のための最高のIEMが何であるかを私に尋ねました。 この価格帯には多くのオプションがあるため、質問は私を悩ませ始めました。 しかし、アイデアについていくつかの瞑想の後、私はそれを三つのIEMsに絞り込むことができました。 しかし、私のお気に入りのうち、どちらがあなたのために右ですか? Fi300のためのこの最高のIEMsを詳しく見てみましょう–Campfire IO vs Final Audio E5000vs Fiio FH5の比較レビュー。

Campfire IO vs Final Audio E5000vs Fiio FH5比較レビュー

デザイン

ルックアンドフィール

Campfire IO、最終的なオーディオE5000、およびFiiO FH5はすべてユニークな外観を持っていますが、三つはすべて美しく上品な探しています。

一方で、IOはガーネットレッドのアルマイト仕上げを施しており、三つの中で最もカラフルです。 その運転者ハウジングはCampfireの可聴周波整列の他のIEMモデルのような多くである。 その中型/大型に形に幾何学的な、機械感じがある。 その結果、それはFh5のflowy一見およびE5000の簡易性と対比する。 それは機械で造られたアルミニウムから成り、ボディから火炎信号を発するステンレス鋼のノズルがある。 さらに、それは手の重さの感覚と強さの本当の感覚を持っています。 その結果、それは高品質を感じます。

次に、最終的なオーディオE5000は、反射、ステンレス鋼のドライバハウジングを持っています。 その弾丸の形はminimalistic感じる。 そのような小さいプロフィールによって、それはIOおよびFH5のlargenessから離れて立つ。 IOのように、それは重量と頑丈なつくりの感覚を持っています。 しかし、その小さなサイズは、IOやFH5よりも何とか管理しやすいと感じさせます。

最後に、FiiO FH5は手に軽く感じ、まだ耐久性を感じています。 その本体はアルミニウム-マグネシウム合金で作られており、その軽さと強度に貢献しています。 サイズに関しては、それはIOに似ています。 但し、正方形および幾何学的な形よりもむしろ、一見のflowyおよび滑らかです。 それは成熟および楽しみの興味深い混合物をしみ出させる銀製のアクセントの青みがかった灰色がかった色を遊ばす。

快適さとフィット感

私は比較的小さな耳を持っていると言って、このセクションの序文でしょう。 そうは言っても、私は3つのIemすべてでしっかりとしたシールを見つけることができました。

しかし、FiiO FH5は私の耳に最も速く、最も簡単にフィットします。 そのドライバーハウジングの形状は、私の耳とシームレスに働いた。 さらに、ケーブルのイヤホンの気密性は、彼らが安全に感じるのを助けました。 彼らは最初に私の耳にそれらを入れたときに寒さの少しにもかかわらず、快適に感じました。

同様に、Campfire Audio IOは私の耳にそれらを固定する素敵なタイトなイヤフックを持っていました。 しかし、その重い重量とより角度のある形状のために、フィット感は私の外耳道の先端のシールに大きく依存していました。 その結果、それは良いフィット感を見つけるために多くの努力を要しました。 そうは言っても、私が素敵なシールを達成すると、IOは私の耳に安全で快適に感じました。 FH5と同様に、それは最初は少し寒かったが、分後にウォームアップしました。

最後に、最終的なオーディオE5000は軽くて快適にフィットします。 イオと同様に、それは外耳道の耳先端のフィットに大きく依存していました。 そのパッケージは、ケーブル上の取り外し可能な耳のフックが付属しており、私は私のために最高であることをフィッティングのフック*ビハインド*ザ* それはとても軽量で小型だったので、それは超快適だった、とケーブルがまっすぐにぶら下がっていたときでさえ、私は私の耳からそれらを引き抜こうとしている重力を感じませんでした。

Campfire IO、Final Audio E5000、FiiO FH5に含まれているケーブルは取り外し可能で、MMCXコネクタを介してIEMsに接続します。 それぞれの長さは1.2mです。 さらに、それらはすべて不均衡な3.5mmのコネクターに終わる。

Campfire Audio IOのケーブルは、三つの中で最も管理しやすいものです。 それはそれぞれ絶縁されたコンダクターが付いている銀めっきされた銅リッツケーブルです。 他のものと比較して緩く編組され、それは柔軟な、スモーキーなジャケットを持っています。 その結果、それは容易に包み、もつれを避ける。 さらに、そのコネクタは折り曲げ可能なプラスチック製ですが、強くてよく作られています。

次に、FiiO FH5のケーブルは、IOのように、銀メッキ銅で作られています。 各イヤホンには、一緒に編組された2つの導体がありますが、同じ透明なTPUシースで絶縁されています。 その結果、ケーブルはIOのケーブルよりも硬く感じます。 したがって、それは少し簡単にきれいに包みます。 さらに、IOのケーブルとは異なり、左右の別々の導体は、途中で出会うと互いに組み合わさっていません。 彼らは直線でお互いに並んで実行します。 それは言った、FH5のケーブルのコネクターはアルミニウムから成っている。 彼らは強く、耐久性を感じ、他の二つのケーブルは非常に持っていない重さを持っています。

最後に、最終的な可聴周波E5000のケーブルは簡単、上品な見ることです。 それは他の両方のケーブルよりも薄いです。 FH5と同様に、両方のイヤホンには2つの導体があり、それらは一緒に編組され、次に同じジャケットに一緒に包まれています。 ジャケットはPVC製です。 その結果、ケーブルはIOと比較して少し剛性があります。 つまり、左右の導体が出会うと、2つのジャケットは3.5mmコネクタの終端点まで一緒に編組されます。

ドライバ

Campfire Audio IO、Final Audio E5000、およびFiiO FH5は、ドライバの設計が異なります。 IOに厳しく釣り合った電機子があり、E5000に動的厳しくあり、fh5は雑種の設計を使用する。

Campfire Audio IO内にはバランスドアーマチュアドライバが二つあります。 最初はより大きなB.A.であり、ウーファーとして使用されます。 他はより小さく、ツィーターとして使用される。 一緒に、それらはCampfireのT.A.E.C.(調整された音響の拡張の部屋)を利用する。

次に、最後のオーディオE5000は6.4mmダイナミックドライバを一つだけ持っています。 それは最終的な音声に従って精密な細部を捕獲することそれをできるようにする小さい開きを有する。 それは音を調整し、明快さと厚さの間で釣り合った提供する内部の音響の部屋とともに働く。

最後に、FiiO FH5に、低頻度に専用されている10のmmの動的運転者、中間の頻度に専用されているバランスされた電機子運転者および高く、超高周波に 一緒に、それらは共鳴をろ過し、FiiOに従って素晴らしく大きい低音を提供するFiiOのS.Turboの音響の設計を使用する。

サウンド

低周波

Campfire IO、最終的なオーディオE5000とFiiO FH5の中で、E5000は最大の低音応答を持っています。 それは他のIEMsが持っていない強調された、深い、subbinessを持っています。 その結果、それは感情的な動きのために低周波を使用するミックスに影響を与える安値で次元と長い感じています。 その結果、低周波の豊かな楽器は強く接地されていると感じます。 それらに暖かさの審美的に喜ぶ感覚がある基礎的なサポートおよび厚さの感覚がある。 つまり、E5000のローエンドは枕のように感じますが、IOとFH5の安値はパンチがあり、より速く感じます。

次のローエンドレベルでは、FiiO FH5は60Hzのように聞こえるものの周りに重点を置いています。 速く、きれいな過渡応答と結合されるこの倍力は力および明快さの組合せを提供する。 低周波の豊富な楽器は、ミックスに少し大声でそこに座って、まだ自由に移動します。 その結果、キックドラムとベースは、エネルギーと溝を介して来ます。

最後に、Campfire IOは特にブーストされたとは感じない低周波応答を持っています。 そうは言っても、キックドラムやトムのような低周波過渡応答を持つ楽器はパンチとグルーブを持っています。 彼らは私の好みのためにミックスで静かに座っている間、彼らは衝撃と動きの感覚を維持します。

実際には…

たとえば、Conor OberstのNormalの曲を聴いていたとき、各IEMは曲の上部にあるnaked kick drumを違った感じにしました。 一方で、最終的なオーディオE5000は、キックドラムの外側の頭を前方にもたらしました。 それはキックドラムのビーター部分が空間に少し後方に座って感じさせた潜水艦に重点を置いていた。 それは、ミックスのキックのレベルは、通常よりも少しブーストされたままだった、と述べました。 しかし、それは曇りを感じず、調和的に複雑であり、ベースギターから分離されたままであった。

対照的に、FiiO FH5で同じ曲を聴くと、キックドラムはビーターとアウターヘッドの組み合わせがより均一になっていました。 その高調波は、より現実的に感じたが、それはまだドラムが表現力を感じてみましょうsubbinessの素敵な感じを持っていた。 安値は少しパンチを感じ、彼らはE5000よりも過渡的な動きの大きな感覚を持っているように見えました。 しかし、IOとは異なり、FH5では、キックはいつもよりもミックスで少し大声で聞こえました。

最後に、Campfire IOで同じ曲を聴くと、キックのビーターはE5000やFH5よりもはるかに存在感を感じました。 低周波数はエネルギーを持っていたが、彼らは偶数に聞こえた、キックは他の二つのIEMsよりもミックスで少し静かに感じました。 それは、IOの迅速な過渡応答は、彼らが一緒に移動するようにキックとベースギターに広さと音楽groovinessの素敵な感覚を与えた、と述べました。

中間周波数

Campfire IO、最終的なオーディオE5000、FiiO FH5の中間周波数は、均一で調和的に複雑に感じました。 しかし、それらのバランスと形状は互いに異なっていた。

一方で、Campfire IOは高中域に大きな重点を置いているように見えました。 その結果、ミッドレンジの中間部分は、ギター、弦、ピアノ、ホルンのような調和的に複雑な楽器を複雑に感じさせながら、彼らはミックスで静かに座ってい ボーカルとドラムのスナップは、空間に近い感じ。

これと比較して、最終的なオーディオE5000は、特に低中域では、はるかに厚く、暖かいミッドレンジを持っていました。 その結果、ベースギター、厚いシンセ、ギター、キーは重量と滑らかさの感覚で通ってくる。 高中域のベースで少しカットは、ドラムのスナップは、空間に少し後方に座ることができます。 しかし、高中域の真ん中でのブーストは、ボーカルに明快さ、存在感、およびディテールの感覚を維持します。

FiiO FH5のミッドレンジは、IOの明快さとE5000の重さ感を取り、一つの音に結び付けます。 低中域はE5000よりも少し厚さがありますが、中域は完全で複雑に感じます。 さらに、E5000のように、FH5は、高中域のベースに少しカットを持っています。 しかし、それは高中域の上部にブーストを持っています。 その結果、ボーカルとsnappinessは、他のIEMsの両方よりもミックスでより存在し、より現実的にレベルワイズに配置感じています。

実際には…

例えば、レディー-ガガの曲”Diamond Heart”を聴いていたとき、ボーカルはミックスで前方に感じられ、明確なアーティキュレーションがたくさんありました。 暗いシンセ、ロードス、ギターは少しさらに戻って空間に感じた。 これとは対照的に、明るいシンセはボーカルに近い、空間に前方に座っていた。 さらに、スネアのsnappinessは、通常よりもミックスで大声で感じました。

一方、最終的なオーディオE5000で同じ曲を聴くと、シンセ、ロードス、ギターは甘い響きのボーカルの下に暖かくてねばねばしたように感じました。 ドラムの攻撃は、通常よりもミックスで少し静かに聞こえたが、彼らはエネルギーと厚さの感覚を維持しました。

最後に、FiiO FH5で同じ曲を聴くと、rhodesは明瞭で厚い音を出しました。 ボーカルは、ミックスのレベルワイズに自然に座っていた。 高調波膨満感を維持しながら、それは、異なるシンセとギターの間の分離の偉大な感覚を持っていた。

Campfire Audio IO、Final Audio E5000、およびFiiO FH5の高周波数は、美しく、明確で審美的に喜ばれています。 しかし、それらの形状は少し異なります。

一方で、FiiO FH5は、下の高音の上部と上オクターブの上部に重点を置いています。 その結果、シンバル、パーカッション、ボーカルのためのアーティキュレーションと軽快感を介して来ます。 さらに、それは上部の高音の上部区域で切口を有する。 その結果、シンバルのサスティンは、IOよりもミックスで少し静かです。

一方、Campfire IOは高周波領域全体に重点を置いています。 その結果、シンバルとボーカルの息は、ミックスで大声で座っています。 さらに、両方とも調音、質およびairinessと来る。

最終的なオーディオE5000の高い周波数は、他の二つと最も異なって感じています。 それは、上部オクターブのベースで下の高音と別のブーストの上部領域に少し強調しています。 その結果、高値は厚さと満腹感を持っています。 彼らはまた、細部と表現の感覚を持っています。 しかし、他の二つのIemと比較して、彼らはミックスレベルで少し軽く感じます。

実際には…

例えば、マッコイ-タイナー-トリオのインセプションを聴いていたとき、三つのアイムを持つ各シンバルのキャラクターを聞くことができました。 私は最終的なオーディオE5000で聞いていたとき、私はシンバルと厚さと高調波の複雑さの感覚を聞きました。 私は彼らの完全なsustaiを聞くことができました。 しかし、厚い低中域と比較して、シンバルは、彼らがIOとFH5で行ったよりも、ミックスで静かに感じました。

FH5で聴いていると、シンバルのベルがもっと聞こえてきました。 攻撃はより明確に感じ、私はe5000ではかなり得られなかったクリスピーな特異性の感覚がありました。 サスティーンは、攻撃に比べてミックスで少し短く、または少なくとも軽く感じました。 しかし、シンバルは調和の複雑さの感覚を維持し、ドラマーがそれらの間を移動するにつれて、個々の文字を明らかにしました。

最後に、Campfire Audio IOで聴いていたとき、シンバルは他のIEMsよりもミックスの中で大声で座っていました。 彼らは音色がFH5のようなベルに同様の重点を持っていたしているが、彼らのサスティーンは、ミックスで大声で感じました。 彼らはE5000よりもわずかに少ない厚さを感じたが、細部、空気、および膨満感のかなりの感覚を持っていました。

Soundstage

Campfire Audio IO、Fiio FH5、Final Audio E5000はすべて、価格帯で印象的なサウンドステージを持っています。 すべての3つは、3つの次元の間でニュアンスと分離感を持っています。 しかし、彼らの異なる広がりの感情に加えて、彼らの周波数応答の形状は、彼らのサウンドステージがどのように感じるかの複雑さを成形します。

より明るく、高中周波数に焦点を当てたCampfire Audio IOは、高中情報を持つ楽器をリスナーに近づけます。 その風通しの良さは、ボーカルはほとんど頭の上に座って、背の高い感じになります。 追加、その静かな低中とローエンドは、それが途中で少ない接地スーパーソリッドローエンドで、他のものよりも広い方法で出くわすことができます。 その結果、3つのうち、IOが最も広いと感じます。 高い周波数での拡張感は、それが非常に背の高い感じになります。 それは言った、その静かなローエンドは、垂直領域では少し短い低周波機器の範囲になります。

比較すると、FiiO FH5の低レスポンスと低ミッドレスポンスが厚いため、ミドルはもう少ししっかりした感じになります。 しかし、それはIOほど広くはありません。 さらに、高値は延長感はあまりありませんが、安値の深さとは劇的に対照的です。 その結果、高さの感覚はFH5との最も広いの感じる。 最後に、深さのその感覚があるため、わずかなハイミッドブーストの通常よりも余分な親密さのおそらく少しで、かなり正確な、真にミックスの方法で これは、空間にさらに戻って座っている楽器とのコントラストの素敵な感覚を作成し、感情的な影響のために深さを利用するミックスが適切な意

最後に、最終的なオーディオE5000は、垂直領域で最低の打撃センスを持っています。 それは少し少ない明るさなので、楽器は、彼らがIOとFH5で行うよりも背の高い感じ。 つまり、それはさらにパン楽器から強く対照的な中心の非常に強い感覚を持っている、と述べました。 ハイミッドリッチな楽器が現在座っているが、過度に親密ではないので、さらに、私には、それは深さの最も正確な感覚を持っています。 それらはスペースに更に坐る器械と正確に対比する。 深さの最大のスキューは、通常よりも空間に少し近いベースギターやシンセをもたらす低ミッドエンファシス、から来ています。

実際には…

例えば、Pink Martiniの曲Quizas Quizas QuizasをCampfire Audio IOで聴いていたとき、シェーカー、ギロ、ハンドドラム、ストリングスはE5000やFH5に比べてはるかに広いと感じました。 センターの堅さは、アップライトベースとは対照的に、ボーカルの周りに焦点を当てていた。 その結果、それは少し頑丈ではないと感じましたが、それでもコントラストの感覚を維持しました。 宇宙で超近くに聞こえた曲のボーカルは、風通しの良い甘いと感じ、頭の上に高く座っていました。 これは、さらにオフインスペースと垂直に低い低音と美しく対照的でした。

比較すると、Fiio FH5で同じ曲を聴いていたとき、アップライトベースのレベルがIOよりも中央でより強く固まるのに役立ちました。 それはパンシェイカー、guiro、および文字列とこのように対照的でした。 しかし、IOホースの楽器と比較して、少し幅が少なく感じました。 高さの感覚はニュアンスの多くを持っていた、パーカッションは直立の安値から劇的に対照的であった。 ボーカル、ピアノ、弦はパーカッションの下に少し座っていて、クラシックギターはまだその下に少し座っていました。 安値は深いダウンに達し、高値は高いまで達し、他のmidrangey楽器は、それらの間に所定の位置に右に落ちました。 最後に、曲のボーカルは、IOよりも親密ではありませんが、素敵で親密に聞こえました。 比較では、それはちょうど少し戻って座っていたが、ピチカートの文字列やクラシックギターと素晴らしく対照的。

最後に、最終的なオーディオE5000はかなりの拡張感を持っていましたが、その静かな高周波数はパーカッションをそれほど高く感じさせませんでした。 しかし、安値でのその重点は、全体として低音とミックスに拡張、深さ、および中心感の非常に強力な感覚を提供しました。 さらに、深さの感覚は素晴らしく複雑で特異的に感じました。 ボーカルは最も親密に感じられ、遠く離れたピッツの弦やクラシックギターと見事に対照的でした。 これらの両極端の間で、他の楽器は真ん中を埋めることができました。 しかし、アップライトベースは、その重点のために空間に近い感じでした。 全体として、Campfire Audio IO、Fiio FH5、およびFinal Audio E5000は、best300の範囲で最高のIemの3つです。 それらは異なった音の署名の好みと同様、異なった耳の形およびサイズに食料調達する。 あなたがフィット感を見つけるのが難しい小さめの耳を持っている場合、あなたの最善の策はFiiO FH5です。 さらに、そのサウンド署名は、あなたがポップ、ヒップホップ、フォーク、インディー、またはロック音楽を聴く場合は特に、ほとんどの人のための最も標準

あなたは暖かい音の署名が好きなら、あなたはE5000を好きになるでしょう。 その適合はIEMの設計に対して典型的な弾丸形の設計の多くに続く耳で容易、である。 それは素敵な深い低音を持っているので、ヒップホップ、ポップ、電子音楽、または飼いならす必要がある超明るさの録音が好きなら、あなたはE5000を生き

最後に、Campfire IOは、高い周波数で特異性と詳細を楽しむ人々のためになるでしょう。 それはクラシック音楽やブルーグラスのような文字列の明確な違いを聞きたい人のためになります。 それは文字の感覚とそれと一緒に行くために本当に素敵な広いサウンドステージを持っています。

Fiio FH5At Audio46

Fiio Fh5At Audio46

Fiio Fh5On Amazon

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000at Audio46

Final Audio E5000 7253>

final Audio E5000On Amazon

majorhifiは小売オファーを通じて手数料を受け取ることができます。

MAJORHIFIは小売オファーから手数料を受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to Top